HOME>オススメ情報>東京で購入する輸入カーテンの設置例を知ろう

輸入カーテンのメンテナンス方法

1年から2年に一度洗濯するのが望ましいですが、輸入カーテンの場合は素材に違いがありますので専門店に相談しましょう。

東京の輸入カーテン専門店で選ぶ、部屋のスタイルに合わせたカーテンスタイル

  • 広いリビングの部屋側にレース生地、外側に機能レース
  • リビングに地厚なクラシック柄カーテン(バランス付き)
  • 和室の前幕に麻生地、後幕にポリエステルの麻風生地
  • マンショく埋め込みカーテンボックスへ綿100%大柄カーテン
  • 玄関と洗面所をトワレ柄カーテンで間仕切りする
  • マンションリビングにインディア刺繍のカーテンで明るく仕上げる。
  • リビング白い壁に白いカーテン、レール色と床色を合わせてカラーバランスを整える。
  • ダイニングに綿100%生地のフラットカーテンを配置して落ち着いた雰囲気にする。
  • 玄関に麻組成・刺繍柄のシェードを設置して目隠しにするデザイン。
  • 白基調のリビングには高級感のある大柄のカーテンを設置する。

目的の一品が手に入るかを調べよう

カーテン

日本のものも良いけれど、部屋の雰囲気を理想に近づけるために、輸入カーテンを東京で探している人はいませんでしょうか。東京には輸入カーテンを取扱っている店舗が多く見られ、色々な所から選ぶ事が出来ます。ただ、実際に店舗に訪れる前に知っておきたい事がいくつかあります。最初に、そこが自分の求めている輸入カーテンに強い店舗かという事です。一言で輸入カーテンと言っても、色彩豊かな北欧スタイルのカーテンや、シンプルで自然な風合いが売りのナチュラルスタイルまで色々あります。その中で特にどのスタイルの取扱いが多いか、スタッフの商品知識が豊富か等を始めに調べておきましょう。ホームページでの商品検索や、スタッフブログ等を確認し、自分の目的の一品が手に入りそうな所かを調べてから行くのが大事です。

店舗の使いやすさも確認しよう

女性

また、店舗の使いやすさというのも大事な確認ポイントです。欲しいものがあった時にすぐに購入出来る所か、仕事帰りに立ち寄れる営業日や営業時間か等という点も調べておきましょう。そうしないと、いざ欲しいと思った時にすでに目的の輸入カーテンが売り切れているというケースも考えられます。幸い、東京には駅近くの店舗というのが多いので、それらを中心に選ぶのも選び方の一つです。